投稿日:2023年12月3日

道路工事で安全に作業するためのポイント

こんにちは!
有限会社ニッケイは埼玉県川口市に本社を置き、川口市や草加市といった地域で舗装工事や土木工事を行っている建設業者です。
私たちの生活に深く根付く「道路」を、安心安全に利用できるよう細心の注意を払って施工しています。
今回は、私たちが日々行っている道路工事で安全に作業するためのポイントについてご紹介します。
求職中の方や弊社の業務にご興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

道路工事で起こりやすい危険やトラブルとその対策

安全装具
道路工事は、車や歩行者などの交通量が多い場所で行われることも多いため、作業中は常に作業員や周囲の人々の安全に注意しなければなりません。
以下では、道路工事で起こりやすい危険やトラブルとその対策について、いくつかの例をご紹介します。

交通事故

道路工事では、作業現場の周辺で交通規制や誘導を行う必要がありますが、それでも車や歩行者などの交通量は減らないため、交通事故が発生する可能性が高くなります。
交通事故を防ぐためには、以下のような対策が必要です。
作業現場の前後に十分な距離をとって交通規制標識や信号機などを設置し、作業区域を明確にすることや、作業員は反射材付きのヘルメットやベストなどの安全服を着用し、夜間や悪天候時にはライトやランタンなどの照明器具を使用するなどの対策を行ないます。

落下・転倒

道路工事では、高所からの落下や段差や凹凸などでの転倒が発生する可能性があります。
落下・転倒を防ぐために、作業現場は清掃し、段差や凹凸などの障害物を除去するよう心掛けたり、仮設足場や手すり、高所作業では安全帯や安全ネットなどの落下防止装置を設置します。
また、作業員は滑りやすい靴底やひもの長い靴紐などの着用を避けなければなりません。

火災・爆発

道路工事では、溶接機やガスバーナーなどの火気を使用したり、ガソリンや灯油などの可燃物を取り扱ったりすることがあります。
火災・爆発を防ぐためには、火気の使用や可燃物の保管に適した場所を選ぶことや、作業現場には消火器や消火栓などの消火設備を備え、作業員はその使用方法を熟知することが必要です。

道路工事で守るべき安全規則や安全用具

道路工事では、作業員や周囲の人々の安全を確保するために、さまざまな安全規則や安全用具があります。
例えば、道路工事に従事する作業員は定期的に安全教育を受ける必要があり、作業現場の危険性やリスクを理解し、作業方法や対策を学びます。
また、工事中作業員はルメットやベストなど、適切な安全装備を身につけなければなりません。
安全装備は、作業員の身体を守るだけでなく、周囲から見えやすくすることで交通事故も防ぐ効果があります。
さらに、作業現場には適宜安全標識を設置することも大切です。
安全標識には交通規制標識や信号機などの交通誘導用のものだけでなく、注意喚起用のものや禁止用のものも含まれ、作業員だけでなく、周囲の人々にも作業現場の状況や危険性を伝えることで事故を防ぐ効果があります。

舗装工事・土木工事の仕事に携わりませんか

人事
有限会社ニッケイでは、舗装工事をメインに、土木工事や外構工事などを手掛けています。
現在弊社では、これらの業務に携わってくださる新規スタッフを求人中です。
充実した種手当・各種保険、資格取得支援制度など、働きやすい環境をご用意して皆様をお迎えします。
埼玉県川口市の有限会社ニッケイで、あなたも土木舗装工事にチャレンジしてみませんか?
ご応募は求人応募フォームより受け付けています。
ご興味のある方は、ぜひお気軽にご応募ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

有限会社ニッケイ
〒333-0823 埼玉県川口市石神607-11/本社
〒333-0823 埼玉県川口市石神858-1/資材センター
TEL:090-2740-3084
FAX:048-298-3133


関連記事

交通事故復旧工事

交通事故復旧工事

パチンコ屋さんの駐車場に車が突っ込んで、破損した花壇等の復旧工事です。型枠工事もやれば楽しいです&# …

柳崎交差点改良工事完成

柳崎交差点改良工事完成

長かった現場もやっと終わり、無事に検査も終わりました。これで、交差点の右折車待ち渋滞もなくなり、走り …

犬用スロープ設置工事

犬用スロープ設置工事

ワンちゃんの為のスロープです。樹脂舗装仕上げです。ワンちゃんも家族の一員ですね。幸せなワンちゃんです …